2008年2月22日金曜日

ユーコン・クエスト




2日ほど前から、ホワイトホースに続々とユーコン・クエストのマッシャーがゴールしています。今年の優勝者は、アラスカン・マッシャーのランス・マッケイ。彼は、なんと4年連続でのクエスト制覇。37歳の若きマッシャーは、強靭としかいいようのない精神力と体力の持ち主です。

今年のクエストは、フェアバンクス出発。当日は-46度で、出発早々棄権するマッシャーが相次ぎました。その数日後、気温が極端に上がり、現在ホワイトホースは+4度、、、。雪が溶け始め、すっかり春の陽気です。

ユーコン・クエストの走行距離はフェアバンクス-ホワイトホース間の1600キロ。距離ではアンカレッジ-ノーム間で行われるイデタロッドより短いものの、チェックポイント間の距離の長さから、「世界で最もタフな犬ぞりレース」と言われています。

ところで、このユーコン・クエストのルート、最初に犬ぞりで走ったは、実は日本人だった、、、という事実をご存知でしょうか?彼の名前は和田重次郎。彼は、有名な「アラスカ物語」のフランク安田とほぼ同時期に極北に暮らしていた、日本人マッシャーなのです。彼は、フェアバンクスで砂金を発見し、そのニュースを知らせるために、ホワイトホースまで犬ぞりで駆けつけ、その時に走ったコースが、後にユーコン・クエストのルートになったということです。ちなみに、先述したイデタロッドも、この和田重次郎がコースを開拓したとのこと(http://www.wadajujiro.jp/)。そんなにも昔に、北の魅力に惹かれた日本人が、この北の大地を自由に冒険していたことを想像すると、圧倒される思いがします。

フェアバンクス出発の年は、ホワイトホースの町のクエスト熱はそこまで上がらないことが常。しかし、私の友人の熱烈クエスト・ファンたちは、毎日、夜中までゴールするマッシャーを見に出かけています。日本の皆さんも、ウェブサイトを通して、是非、クエストの雰囲気を味わってみてください。http://www.yukonquest.com/

11 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今年も北海道で犬ぞりやりました。それも2回も。最長で28キロ。1600キロにはとても及びませんが楽しかったです。

koza さんのコメント...

匿名さんになってしまった。kozaです。

海の家 さんのコメント...

-40度の中1,600キロもの距離を走破するなんてタフなレースですねー

それにしてもホワイトホースの気温+4度って日本とほとんど変わらないじゃないですかー

Sweet River さんのコメント...

kozaさん

28キロでも、結構な距離ですよね!楽しい休暇が過ごせたようで、何よりです。

海の家さん

今週は、マイナス10度前後と落ち着いています。この位だと、余裕を持ってスキーも楽しめるので、毎日滑っています。

山吹 さんのコメント...

たまたま「ユーコンの疾走(原題The Cruelest Miles)」
という本を読んでいるところです。
冬に孤立したアラスカのノームで伝染病が発生し、
犬橇リレーで血清を運ぶというドキュメントです。
犬橇はやった事がないんですが、犬橇全盛期のマッシャーや、
犬橇レースに熱中する人々の描写が興味深いです。
お読みになりましたか?
 この本を書いたのはニューヨークのジャーナリストらしいんですが、
実際に現地に住む人々から見ると、的確な記述なんでしょうか。

Sweet River さんのコメント...

山吹さん

その話は、確かまだ日本にいる頃、「世界不思議発見」か何かで学んだ記憶があります。4月にまた日本に行きますが、その時に、本を探してみますね。

nota さんのコメント...

犬ぞりレースの存在は、佐々木倫子さんのコミック「動物のお医者さん」で知った私です。
それで知っていなかったら・・・マッシャー??なんじゃそれは??イモを潰すアレのこと??だったでしょう(苦笑)

サイトの方はさすがに本場な雰囲気!
英語は読めなかったので雰囲気だけですけどね(照)しばれてるねぇ~(冷え込んでるねぇ)

ユーコンクエストって・・・・距離も凄いし気温も凄い!!!犬もタフだなぁ!
マイナス10度前後なら・・・寒いけどスポーツしてたら丁度いいですよね。
子供の頃は授業でのスキーにうんざりしてましたが、遊びとなると楽しいものです。
でも・・・リフトが高所恐怖症で怖いという何とも致命的な欠陥があって、ご無沙汰です。

昔の装備では殆ど命がけですよね・・・。
凄い日本人が居たんですねぇ・・・。

Sweet River さんのコメント...

notaさん

そうですね。本当に凄い日本人がいらっしゃったんです。でも、驚くのは、その日本人がいたという記憶が、今でも地元の人の記憶に残っているということ。

以前、アラスカで植村直巳さんの足跡をちょっと辿ったことがあります。植村さんくらいの有名な方になると、当然アチコチに植村さん名残のストーリーが残っています。

しかし、今回の和田重次郎さん。私も実はあまり存じ上げなかった存在。しかし、ある時、北極圏の川を下っていたら、一緒に旅していたイヌイット(エスキモーの方)に、いきなり「この川を最初に犬ぞりで旅したのはワダだが、ラフトで旅したのはヨシかもしれない」と言われ、驚いたのを覚えています。彼は、和田重次郎さんが旅したユーコン最北端のハーシャル島で長く働いていたため、和田さんの話をよく知っていたのです。驚きますよね、本当に。もう、100年以上前の話ですから、、、。

こちらに住んでいると、「日本人」というだけで、どこかコネクションを感じたり、気になったりしてしまうものです。不思議なものですが。

nota さんのコメント...

百年前の和田さんもやっぱり凄い方ですが、流さんもそういった意味では地元の方の記憶の残る存在なんですね!!!凄い!!

こうやってブログにお邪魔してやり取りさせて頂ける事自体、私の中では凄い事なんです。私の中では流さんも大泉さんやミスターと同じくブラウン管の中のスターですから。
なんというか・・・私がユーコンに暮らしている訳でもないのに、カナダのユーコンで北海道に会った・・・みたいな(うまく説明できませんが)感覚があります。
流さんがカナダの地で日本人という事に気になってしまう感覚には及ばないかもしれませんが、ちょびっと似てるかなぁ・・・と。
それも想像なんですけどね(苦笑)

地球は自分が思った以上に広いんだなぁ、と実感。
旅行でも車や飛行機や便利で早い乗り物に乗ったらあっという間ですが、そんなものが無かった昔は徒歩だったり、船だったり。
地球のあらゆる未開の地に入った人たちは、それぞれ命がけでやってきたんですね。
精一杯の想像でもクラクラしちゃいます(苦笑)

まちしま さんのコメント...

はじめまして。

もうSweet Riverを初めて見てから、何年経ったのかな?

とにかく北海道では、超有名な方ですから(笑)
でも、いままでこのブログを見つけられませんでした。。。。
お恥ずかしい。。。。

本日も、北海道では「水曜○うでしょう」のユーコン編をやっています。
相変わらず、Sweet Riverさんが面白くって、何度も笑ってしまいます。

いつかカナダに行きたいと思っているので、その際は、ガイドをお願いしたいです。

これからも、ちょこちょこお邪魔させていただきますが、よろしくお願いします。

Sweet River さんのコメント...

まちしまさん

始めまして。コメントありがとうございました。ブログ、よく見つけましたね!

どうでしょう、前回札幌に行った際に、市販されているDVD全て+どうでしょうグッズをD陣にいただき、はるばるユーコンまで持ち帰ってきました。日本のDVDプレーヤーまで買って。以来、寒い夜には、ホワイトホースで独り、どうでしょう見ながら笑っています。

ユーコン編が今北海道で再放送中とのこと、、、。また、あのダメガイドぶりが笑いの種になっているかと思うと、、、お恥ずかしいです。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。