2008年2月19日火曜日

ウィンター・ブルー

冬至の日を境に、ユーコンの日照時間はグングン延びる。どの位延びるかというと、1日あたり約6分延びる。

12月。朝11時前後にようやく空が明るくなり始め、そして午後4時にはもう真っ暗な状態になる。だから、私たちは毎日暗い空を見ながら出勤し、帰宅する。

悲しいことがあったり、寂しい気持ちになると、この暗さは結構、心に染みる。太陽が、とてもとても恋しくなる。その上にマイナス30度などとなると、もうどうしようもなくなったりもする。

だから、冬至の日には皆、お祝いをする。春に向けての、お祝い。

2月。夕方4時半に仕事場を出ると(早いって?)、まだ充分太陽が高いところにある。すぐに家に帰り、着替えてクロスカントリー・スキーに出かける。もう、6時半までは充分にヘッドランプ無しで滑ることができる。グングン、グングン、日が延びていることを体で感じる。

少しづつ、前進する。ウィンター・ブルーを吹き飛ばす。

高校時代に大学受験を控えた頃、卒業文集に友人が書いた一文。

春は来る きっと来る あなたにも そして私にも

4 件のコメント:

nota さんのコメント...

ここまで日照時間変わっていくのは凄いですなぁ・・・。
札幌でも「そういえば日が長くなったなぁ」位の認識ですから・・・。

今夜のどうでしょうは第二夜。
いつまでも暗くならない白夜な話でしたね。
う~ん、極端(苦笑)
体内時計のリズムって狂っちゃったりしませんか??

Sweet River さんのコメント...

Notaさん

1日6分って、凄いですよね。私も、初めてそういう‘数字’で聞いた時には驚きました。

体内時計は狂いませんが、朝に弱い私は、真っ暗な中起きるのが本当に苦手、、、です。

そうですか、今夜は第2夜ですか。ミスターがお尻を刺されるシーンですかね。どうでしょう班がいらっしゃったのは、7月上旬でしたから、1年でも最も日が長い頃でした。いつまでも、カメラ回してらっしゃいましたもんね、、、。懐かしいです。

海の家 さんのコメント...

冬至は春へ向かっていく第一歩なんですね。

北国の人達にとって、太陽のありがたみを
日に日に実感できる季節なんでしょうねー

Sweet River さんのコメント...

海の家さん

はい。ここに住んでいると、太陽のありがたさを身にしみて感じます!

また、ホワイトホースにクロカンを楽しみにいらして下さいね!