2008年12月3日水曜日

スキーシーズンの到来




夏が終わり、パドリングに8ヶ月間の別れを告げて溜息をついていたのが9月。10月は日本に行って温泉と美味しい料理をたんと楽しみ、ホワイトホースに戻るとそこはもう、白銀の世界。今年の11月は、例年に比べて積雪量が多く、11月上旬からもうホワイトホース市内でもクロスカントリー・スキーを楽しむことができました。

スキーに行くペースは、平均週3回。昼休みに仕事を抜け出して、地元のクロカン場へイソイソと通う私。全身運動になるクロカンは、体力作りにはもちろんのこと、冬のユーコンの森をちょっとゆったりと楽しむには、絶好のスポーツなのです。

先々週から10日間は、出張でモントリオールとバンクーバーに滞在。ワインとケベック料理でなんとなく太った感じがしていたものの、ホワイトホースに飛んで戻った数時間後には、友人の車にスキーを積み込みクルアニ国立公園へ。スキーを履いて山を登っては滑り降り、スキー三昧の週末を楽しみました。

ユーコンの良さというのは、何といってもこの自然の身近さと、同じ趣味を持つ友人の密度の濃さ。都会に行くと、ユーコンなんて辺鄙な場所に住んでいることをちょっと哀れに思われることもありますが、なになに、地元民は「これでいいのだ」と堂々と構えています。

カナダでも、やはり都会に住むと、ある程度の「ウィルダネス」を求めるなら数時間のドライブが必要になり、しかしそれでもやはり人を避けることはなかなか難しいのですが、ユーコンは裏庭からアプローチしても、全く人に出会わないようなトレイルが方々に延びているのです。

って、まあ、こういうことを「自慢」すること自体、ちょっと変わっているのかもしれませんが、、、。

ということで、相変わらずユーコンの自然に惹かれ続けている私ですが、2週間後には再び飛行機に乗り、2度目のパタゴニアです。今回は、主にアルゼンチン側に滞在予定。期間は1ヶ月。日本では、友人たちに「Yoshiの生活、絶対おかしいって」「なんでそんなに休みが取れるんだ」と様々なコメントをいただいてきましたが、「いやあ、なぜでしょうねえ、、、」。これもやはり、ユーコンの良さ、なのでしょうか。

2 件のコメント:

koza さんのコメント...

いいですね~。仕事してるのか遊んでるのか、よく判らん生活・・・。

パタゴニア紀行、また載せて下さい。

私も職場が潰れる事になったので、来年3月以降、ずっと暇かも・・・。

キューバ行って、バハ・カリフォルニア行って・・・、いろいろ計画中です。

Sweet River さんのコメント...

いや、仕事、してますよ!!

自由すぎるというのも、それはそれで悩みにもなるのですが、とりあえずは自分が健康で生活できていることに感謝していこうと思っています。

Kozaさんの環境も変わるようですね。旅行した後は、いよいよあの待望されている場所にお引越しですか?