2009年2月19日木曜日

Go Quest Go!




2月14日、世界一過酷と言われる犬ぞりレースのユーコン・クエストがホワイトホースからスタートした。今回は、日本のテレビ番組取材のお手伝いをしていたために、いつもよりこのレースに深く関わった。

レースは、ホワイトホースとフェアバンクス間の1600キロで行われる。詳しい情報、また現在のレースの状況は、クエストのウェブサイト参照。http://www.yukonquest.com/

今年も、日本人女性マッシャーの本多有香さんが出場している。これが、彼女にとっては3度目の挑戦。仕事を通し、今回初めて彼女と言葉を交わす機会に恵まれたが、今までに会ったことのないほど率直で正直で、なんとも私の興味をそそる人だった。彼女がスタートを切る時には、心の底から応援した。前日には「レース、楽しんで下さい」と声をかけたが、この時はもう、「頑張って」と想うしかなかった。

そこから、約12日間の犬ぞりでの旅が始まった。マイナス50度にも下がるこの極寒の地で、彼女をこの挑戦に駆り立てるのは一体何なのか。それは多分、本人にしか分からないことだろうが、つい、考えてしまう。

顔を真っ赤にして、白い息を吐きながら犬を撫でる彼女の顔が、一瞬、昔映像で見た植村さんの顔に重なった。犬と人間、そこに成り立つ信頼関係が垣間見れた。

今、彼女は次のチェックポイントであるドーソンに向かって暗いトレイルを走っている。私も、10数年ここに暮らして初めて、レースを追ってドーソンに行く。レース中の彼女の表情を見ることを、とても楽しみにしている。








5 件のコメント:

auroraneko さんのコメント...

ほう、この人イエローナイフのグラントのところで修行していた人だ。

本当にレースに出るようになっていたんだなぁ。

今度会うことがあれば、レイバン・ツアーズのauroranekoが「おめでとう、頑張れ」と言ってたと伝えてください。

Sweet River さんのコメント...

そう。グラントの所が犬ぞり修行の出発点だったって、この間私にも話してくれました。今はイエローナイフ郊外(ネナナ)がベースだけどね。

多分、私と渡加した時期は一緒だから、あなたのことも知ってるかなー、と思ったけどね。今回の取材でも、どんどん人の輪が繋がっていって、本当に面白かったよ。やっぱり、北の世界は広いけど、人間関係は結構狭いね。

Kaeru さんのコメント...

はじめまして、レース用ヘッドライトを作ったSです。
有香がドーソンシティに着いた様でホッとしてます。
こちらは新潟なんで状況がさっぱり判りません、何よりヘッドライトが壊れていないか心配です。
現地状況が判ればお知らせ下さい。
もし有香に会ったら ナイスライト(ラン)と言ってやって下さい

koza さんのコメント...

トナシクエスト(十梨別渓谷の犬ぞりツアー)には毎年参加しているんですが・・・。
今年も行ってきました。
アラスカやカナダでも一度犬ぞりやってみたいと思ってます。

今週末よりキューバ(ハバナ)、メキシコ(カンクン)行ってきます。どこかお勧めありますか?

Sweet River さんのコメント...

Kaeruさん

ドーソンから戻りました。ドーソン出発直前の有香さんにお会いし、メッセージ、確かに伝えました。「なぜ、Sさんが。。。?(私に連絡していらしたのか、ということでしょう)」と出発準備中の忙しい時でしたが、顔を上げて不思議そうにしていらっしゃいましたよ。

早朝の暗い中での出発で、有香さんはヘッドランプを点けていました。「あれかな」と思ったのですが、なるべく準備の邪魔にならないように見守っていたので、聞けませんでした。

有香さん、今はEagleという次のチェックポイントに入られたようです。ここからが、レースの正念場なので(イーグルサミットという険しい峠があるのです)、頑張って走り続けられることを祈っています。

Kozaさん

私がCubaに行った時は、ビーチステイが主な目的だったからあまりハバナで過ごすことがありませんでしたが、でも、いい町でしたよ。できれば、もっと時間を取りたかった。できれば、ハバナ以外の小さな村も見てみるといいかも。カンクーンには行ったことないですね。結構大きなリゾートじゃないかな。暑い太陽を楽しんできてください。