2009年9月7日月曜日

年月

本当に不思議な巡り合わせで、14年前、私がユーコンに移って来たときに最初に出会った日本人のTomoさんとホワイトホースで再会した。

「Yoshiは全然変わってない」という彼のコメントが外見のことなのかどうかは不明だけど、「相変わらずストレスの少ない生活してるから」とだけ答えた。でも、私よりも変わっていないのはTomoさんで、昔と変わらずソロでの登攀を続けているらしく、その顔はこれ以上無理?というくらいに日焼けしていた。

Tomoさんは、私が植村直巳さんに感化され、憧れ、アラスカを旅し、結果ユーコンに来たことや、犬ぞりを学ぼうとノースウェスト準州にひと冬移ったなど、私がここに来たばかりの頃の言葉や想いをよく覚えていてくれた。

あの頃は、働いていたカヌー会社の庭にいると、毎日のように同年代の「面白い」日本人がフラリと立ち寄り、旅の話をし、時には私の家でご飯を食べていった。皆、植村さんや野田さんの本を読み、影響を受けて北へ冒険に来た人たちだった。南米から自転車で上がってきて、ホワイトホースで安いカヌーを買い、そのまま自転車も乗せてアラスカを目指していった人。アンカレッジからやはり自転車で旅してきて、これからチリまで行くのだという人。野田さんと同じような白い帽子を被り、野田さんがそうしたようにマイ・フェザークラフトを担いでカヌーを楽しみに来た人、、、。

最近は、ここでこういう「冒険の途上」にある日本人にあまり出会わなくなった。世代が変わり、ただ私が会わないだけかと思っていたら、14年来の知り合いであるカヌー会社のオーナーも同じことを言ったので、きっとそうなのだろう。だから、久しぶりにあったTomoさんが相変わらずで、山の話になると熱く語りだすのを見て嬉しかった。

14年。町に日本食レストランも、スターバックスもウォールマートも無く、代わりにユーコン川のほとりにアーティストたちが多く住み着いていた古いキャビンの集落、「シップヤード」があり、今よりもっとフロント・グラスにヒビの入ったトラックが多く往来していた頃のホワイトホース。私やTomoさんにとっての「古き良き時代」。私も、ここでそんな思い出話を語れるようになった。

14年もこの町で、毎日のようにグレイ・マウンテンを見上げ、ユーコン川の力強い流れの側で暮らし、そして今でもその景色を本当に好きだと思えることを嬉しく思う。

と、ユーコンをシミジミ語りつつ、突然ですが今週からブラジルに行ってきます。また、3週間後に戻ったら、報告します。では、、、。

4 件のコメント:

ayane9 さんのコメント...

おおお~!!
ブラジルですか~!!
凄いですね~!!
身体無理されないように、
気をつけて行ってきて下さいm--m
また、旅の話聞きたいです^-^

けーすけ さんのコメント...

シップヤード!
聞いたことのあるフレーズですね。
確か、1897年に3人の男が…


ブラジル旅行記、楽しみにしてます!!
行ってらっしゃ~い!!

8 さんのコメント...

いってらっしゃーい。
それほど遠くないいつか、一緒に旅してみたいです。
それには、時間に縛られない環境に身を置かないとだめですけどね。

気をつけて。

ayane9 さんのコメント...

熊谷さん^-^
こんばんわm--m
私も近場ですが、休み利用して鹿児島行きました。
(熊谷さんとはスケール違いますがww)
桜島凄かったですよww
熊谷さんもブラジル楽しんでますか?
ゆっくり話し聞かせてくださいねm--m